トップ

資格と交付金の情報

新着情報

給付金を受けて資格を取得する

資格を取得する際に、その種類によっては給付金を受けることができる場合があります。条件などもあるので、事前に確認をしておかなければいけません。この制度はできるだけ手に職を持ちたいと思っている人をサポートしたり、雇用を促進するために行われているものなのです。給付金の金額も資格によって異なるので、事前に確認をしておくと良いです。通信教育であっても受給をすることができるようになっています。通信教育の種類にもよって異なりますし、全く受けることができないものもあるので、充分に注意をしなければいけません。申請が必要な場合もあります。

ハロワ

給付金制度が使えます

公的資格を得るために各種の講座を受講する場合、国から受講に要した費用の一部が給付される制度があります。「教育訓練給付金」といい、働く人々が主体的に能力開発に取り組むのを支援するための制度で、雇用保険の支給要件期間が3年以上あることなどが前提となりますが、厚生労働大臣が指定した教育訓練を修了した場合にその経費の2割が支給されます。対象となる資格としては、簿記検定や情報処理技術者、社会保険労務士、介護福祉士などが該当します。給付金の申請手続きは、原則として住所地のハローワークを本人が直接訪問し、受講後1か月以内に行います。必要書類として修了証、領収書、雇用保険の被保険者証、本人確認書類などがあります。

© 資格に給付金が出る制度. All rights reserved.